【英語】を勉強するおすすめのアプリ

2020-05-06スタディサプリ,英語

英語を勉強したいと思いつつ、なかなか手が出ない、始めても長続きをしない人は多いと思います。

私もそのひとりでした。

学生時代から塾で英語を習っていましたが不得意なままで、これからはグローバルの世界だと思っていながら何も変わらない英語力です。

そのうち、会社ではTOEICが推奨され、◯◯◯点以上を持っていないと昇格できないようになったり、ある分野を深く知ろうとした際に英語のサイトに行きついたり、まだ日本語訳の書籍が出ていなかったりと、第一線の人と会話したいが相手が英語しか話せないなど、英語の壁から避けて通れなくなってきました。

近いうちに、顧客、上司、同僚が英語圏の人になるかも知れませんし、仕事で英語が必須になるかもしれません。

インターネットのサイトも精度の上がったGoogle翻訳でもある程度なんとかなりますし、リアルタイムに翻訳するツールなどで、旅行や日常生活レベルはなんとかなるかもしれません。

その程度で良い人は技術の向上に期待して待てば良いかもしれません。

しかしながら、ある分野を深く知りたい人、繊細なニュアンスを理解したい人、スムーズなコミュニケーションを大切にしたい人、言語の文化的な背景(コンテキスト)の上で会話したい人はしっかりと英語を身につけたくなります。

これからはAIやロボットがこれまで以上に生活に入り込んできます。人だからこそできることを伸ばしていきたいものです。

ちなみに私は学校で習った程度の英語力しかなく、卒業してからブランクがある分、マイナスからのスタートになります。

英語を学ぶ手段

社会人が英語を学ぶ手段を調べましたが、大きく4種類ありました。

  • 英会話スクールに通う
  • 英語の書籍で勉強する
  • 英語圏の恋人をつくる
  • 英語アプリを使う

それぞれのメリット、デメリットを見ていきます。

英会話スクールに通う

本気で集中して英語力をアップさせたい人には一番良いでしょう。定期的に通い、マンツーマンでプロに教えてもらえるため、英語力の段階に応じたアドバイスをもらうことができます。

他人とのコミュニケーションとなるため、さぼると相手に悪いなと思いますし、成長した結果を褒められると嬉しいというのもモチベーションとなります。

結構な金額を払うことになりますので、真面目にやらないともったいないというのも継続性に繋がります。

ただ、最大のネックは高い授業料です。

たとえば、会社が補助を出してくれるという恵まれた環境の人はぜひ活用しましょう。

私は英会話スクールに通うという手段は諦めましたが、その理由は高い授業料に加えて、仕事が忙しいために通う時間がないことでした。

英語の書籍で勉強する

書籍(本)で勉強する、というのはもっとも一般的です。

私もいくつか本を買いましたが、結局何も手をつけずに積まれています。

まず、通勤中で電車で勉強しようと考えました。

もちろん、かばんに本を入れるのですが、重たくなります。本を開くにしても満員電車ではほぼ不可能です。なんとか座れたときに開いても、読むだけでは頭に入らず眠くなり、気づいたらスマホをいじっていて、何も頭に残りません。

会社の昼休みにやろうとも思いましたが、職場では恥ずかしくて本を開けませんでした。

家に帰ってやれば良いのですが、疲れてしまい、本を開く気にもならず。

そのうち、英語を勉強するための本が、ただのかばんを重くするモノとなってしまい、部屋のオブジェどころか誰の目にもつかない場所にしまわれるのでした。

英語圏の恋人をつくる

これはもしかすると、楽しみながら自然と英語を身につけられる最高の手段かもしれません。お互いを分かり合うために片言から積極的に英語の会話ができ、一緒にいる時間が長ければ、その分、英語を使う時間も増えます。

ただ、この選択肢は相手があることなのでもっとも難しいとも言えます。そもそも、英語を学びたいから英語を話す恋人を見つけよう、という考え方自体が相手に失礼にあたるかもしれません。

たまたま恋人が英語を話せる人だったらラッキーぐらいの捉え方が良いでしょう。

留学やホームステイなども生活をするために英語を使わざるを得ない環境に置かれるため良いと思います。

しかし、社会人が取る手段としては難しいです。学生にはとても良いと思います。

英語アプリを使う

私には英語アプリが一番合っていました。

通勤中にスマホで英語に触れることができることが大きな要因です。ふだん手にしているスマホであるため、カバンが重くなることもありません。

時間も自分で決められるため、仕事がどんなに遅くなっても帰りの電車でアプリを開くことができます。

家でも仕事帰りは疲れていて無理ですが、休日ではすこしの時間でも継続することができています。

費用も買い切りのアプリであれば数百円でずっと使えますし、私が使っているアプリはサブスクで月々かかりますが、英会話スクールと比べると圧倒的に安いです。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)がおすすめ

私が日々使っている英語アプリが"スタディサプリENGLISH"となります。

桐谷美玲さんのCMで"スタサプ"という言葉を耳にした人もいるかもしれません。

もっとも良い利点は"継続性"にあります。今まで英語を勉強する気持ちに定期的になるものの、三日坊主で続きませんでしたが、通勤などのスキマ時間に少しでも英語に触れることで継続することができています。

本アプリの謳い文句も下記となっています。

「続けられる」日常英会話アプリの決定版

スタディサプリ ENGLISH

英語を含む、言語を習得するのに近道はなく、多くの時間をかける必要があります。そのため、どんなに素晴らしい教材、カリキュラムがあっても、継続ができないと意味がありません。そのため、"継続性がある"というのは必須事項となります。

そして、スタディサプリの利点はPC(パソコン)でも使えることにあります。

外出時はスマホで継続できるのがよく、家にいるときはPCでガッツリと学ぶことができます。

コンテンツ自体はスマホとPCで同じですが、PCの大きな画面とキーボードを使うことができるため学びやすくなっています。

特に"ディクテーション"では英文を打つことになるため、スマホよりキーボードの方が圧倒的に早く打つことができます。

App Store(iOS/iPhone)やGoogle Play(Andoir)で"英語"で検索すると多くのアプリがヒットします。

その中でPCでも使えるというアプリはそうないでしょう。

スタディサプリENGLISHの内容

スタディサプリENGLISH

アプリの内容は"リスニング"、"ディクテーション"、"スピーキング"のセットがストーリー形式となっています。

そのため、バランスよく英語力を学び、蓄積することができます。

具体的には下記となっています。

  1. 内容理解クイズ
  2. ディクテーション
  3. 会話文チェック
  4. なりきりスピーキング
  5. クイックレスポンス

内容理解クイズ

まずは日常生活等のストーリーの英文を聞きます。私は一度で全てを聞き取ることがまだできないため、同じ英文を3回ほど聞いています。

クイズ形式で内容と重要単語を理解できているかチェックできます。

ディクテーション

“ディクテーション"とは英会話を聞いて英文を自分で書く(打つ)ことです。"リスニング"と"ライティング"を同時に鍛えることができます。

会話文チェック

内容理解クイズでリスニングした全文が英文と日本語訳が並んでいますので、正確に理解することができます。

補足として重要表現などのポイントが解説されているのも嬉しいです。

なりきりスピーキング

ストーリーの中に入り込んでスピーキングの練習をすることができます。

登場人物が複数いますが、そこからどの人になりたいかを選択して、自分の出番でスピーキングします。

そして、すごいのがその自分が話した内容をチェックしてくれて、問題があればどこがなぜ誤っているかを教えてくれます。

クイックレスポンス

重要表現のスピーキングの練習をすることができます。

これを繰り返すと確実に力がつくでしょう。

英語を勉強するアプリのまとめ

英語を勉強したい、学びたいというモチベーションであったり、英語力は人それぞれです。

その人にあった学習の手段を選べばよいですが、いまの時代は"英語アプリ"が大きな選択肢のひとつとなっています。

私にはたまたま"スタディサプリENGLISH"がフィットしたためおすすめしましたが、良い学習方法を見つけられて、英語を身に付けることで日々の生活が少しでもよくなれば、と思います。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

こちらの記事もどうぞ。