【スタディサプリENGLISH】日常英会話コースからTOEIC対策コースへの変更

スタディサプリ,英語

私は"日常英会話コース"に入っておりましたが、より本格的にTOEICを勉強したくなり、"TOEIC対策コース"に変更しました。

実は"TOEIC対策コース"に加入することで、"日常英会話コース"を無料で使用することができるということで、二重に課金されてしまうかも?という不安がありました。

おそらく、同じように考える人も多いかと思い、わかりやすく順を追ってご説明いたします。

やってみればそれほど難しくありません。

TOEIC対策コースの申し込みページに行く

すでに日常英会話コースに加入している場合に、"TOEIC対策コース"の申し込みに進みたいはずが、日常英会話コースの画面に遷移してしまう場合があります。私はなんどもそうなりました。(そういうことじゃない。。と思いながら。。)

下記のサイトからは確実にTOEIC対策コースの申し込みページに行くことができます。

TOEIC®L&R TEST対策コース7日間 無料体験お申込み』をクリック

7日間の無料体験があるのは嬉しいですね。

TOEIC®L&R TEST対策コース

実際に使ってみて自分に合えば継続すれば良いですし、7日以内に解約すればお金はかかりません。

『ベーシックプラン』をクリック

多くの人は"ベーシックプラン"でよいでしょう。"パーソナルコーチプラン"は予算の桁が違います。

どれでも7日間無料

『12ヶ月パック』を選択する

他に6ヶ月パックと単月もありますが、覚悟を決めてしっかりと英語を勉強したい人は12ヶ月パックがおすすめです。

単月にするといつでもやめられるという意識が芽生えてしまいます。

ちなみに、12ヶ月パックにしても途中解約をすることができます。

12ヶ月パック

リクルートIDでログインする

ここでリクルートIDでのログインが必要となりますので、持っていない人はアカウントを作る必要があります。

クレジットカード情報を入力して確定する

“お支払い総額"が"0円"となっているのは、無料期間があるからです。無料期間がすぎると普通に課金されますのでご安心ください。

プロフィールを設定します

プロフィールといってもニックネームとアイコン程度なので、あまり悩まずに決めましょう。

日常英会話コースと重複していることを教えてくれます

重複している契約を自動的に解約してもらえたらよいのですが、自分で解約処理をする必要があります。

“詳しくはこちら>"のリンクを押すと詳細を見ることができます。

変更後のご契約を確認して解約します

アプリ課金している場合は解約方法が異なります

私はiPhoneでiTunesから課金していたため、スタディサプリのサイトからは解約ができず、iTunesから解約することになります。

“iTunes StoreとApp Store"を選択します。

ご自分の"Apple ID"を選択します。

“Apple IDを表示"を選択する。

“サブスクリプション"を選択する。

サブスクリプションをキャンセルする

下記のようい終了予定が表示されればOKです。

日常英会話コースはそのまま使えます

日常英会話コースを解約しても、TOIECテスト対策コースに含まれているため、使い続けることができます。

解約後も課金済みの期間は利用可能となっているため、"契約が重複しています。"の注意が残っています。

次の課金時に消えますのでご安心ください。

『スタディサプリENGLISH TOEIC®️L&Rテスト対策』アプリをインストールする

スマホアプリは日常英会話コースとENGLISH TOEICテスト対策と分かれているため、別途インストールする必要があります。

ちなみに、PCのブラウザ(Chromeなど)で利用する場合は、2つのアプリの内容がまとめられています。

PUSH通知は『許可(ON)』がおすすめ

PUSH通知を許可(ON)にすると、学習継続率があがります。笑

アプリを使わない日があると、通知で学習を促してくれます。

よっぽど通知を受けたくない人以外は許可(ON)にしましょう。

リクルートIDにてログインする

あとは勉強するだけ

PCの学習は大きな画面で2つのアプリが使えて便利

まとめ

日常英会話コースからTOIEC対策コースへの変更について、手順は多いですが順を追えっていけば難しくありません。

気をつけたいのは契約の重複をちゃんと解消して、二重課金をされないようにすることかと思います。

あとはしっかりとスタディサプリで学習するだけですね。一緒にがんばりましょう!